京都の魅力

古寺巡礼、絢爛たる祭、歴史と文学のあとを訪ねる散歩みち

大原の里

 大原は京都市内を去ること約12キロ、比叡山の北西麓にある小さな盆地である。四方を山に囲まれ、中央を高野川が流れる山里で、大原の名を口にするとき、人はなぜかいちまつの哀愁を感じる。それというのも、古典文学に登場する大原は、いずれも失意の人につながっているからである。『平家物語』の建礼門院はいうまでもなく、『伊勢物語』の惟喬親王、『源氏物語』の浮舟など、実在、仮空の人物をとりまぜて、いずれも都を逃れ、世を捨てて、この大原でひたすらみ仏の救いを念じた人々の住むところであった。
  仏は常にいませどもうつつならぬぞあはれなる
  人の音せぬ暁にほのかに夢に見え給ふ
  暁しづかに寝覚めして思へば涙ぞおさへあへぬ
はかなくこの世を過してはいつかは浄土へ参るべき

 三千院内往生極楽院の弥陀三尊像(勢至菩薩は、久安4年=1148の銘を持つ)を拝するとき、いつもこのふたつの今様歌が私の脳裏にうかぶ。きちんと膝を折って、往生者を乗せる蓮台をさし出す観音菩薩の姿、人々の唯一の願いは、その上に乗せられて極楽に往生することであった。この堂を造った藤原実衡の妻、真如房尼の願いもそうであった。

 平安時代も半ばを過ぎると、世の中は何となく不安になって、全盛を誇った藤原氏も衰えを見せはじめ、釈迦が亡くなって後1500年たつと、末法乱世の世が訪れるという無気味な予言が現実化しようとする気配すら見えてくる。出家して山にこもり、学問・修行するだけの決断もできない。比叡山は女人禁制の寺である。そうした心弱い人々や女性たちの心の支えになったのは「信心あさくとも本願ふかきゆえに頼めば必ず往生す。念仏ものうけれども唱ふればさだめて来迎にあづかる功徳大なり」と説く恵心僧都(942-1017)の教えであった。この恵心の流れを汲む人が良忍(1072~1136)である。

 良忍は恵心にゆかりの深い比叡山横川で修行していたが、のちに山を下って、横川の西麓の大原に来迎院を建て、融通念仏宗と呼ばれる念仏の教えを開いた。良忍は一方、声明梵唄にもすぐれ、ために学ぶ者が多く、大原は仏教音楽の根本道場ともなった。大原を魚山と呼ぶのは、中国の声明音楽の発祥地、魚山になぞらえた呼び名である。三千院をはさんで流れるふたつの川、呂川・律川は、宮商律呂という音階名からとったものである。

 大原は念仏の里であると同時に、大原女の里でもある。大原女姿は建礼門院の姿を真似たという。後ろで合わせるべき「脚絆」を前で合わせているのは、建礼門院が誤ってそうされたのを、そのまま受けついだのだなどと伝えられる。「黒木(たきぎ)買わんせ、黒木召せ」と京の町を売り歩いた。貧しい山村では、黒木を行商する以外に収入がなかったのであろう。朝早く起きて少ない田畑を耕した後、黒木を頭にのせて京まで出かける。日がくれてから大原に帰り着き、それから明日はくわらじをつくるのが日課であったという。現在では、薪炭の需要はなくなった。その代りに、柴漬、餅などを行商する姿は今も見られる。「小原女」と書いた白衿をつけているのは八瀬の「大原女」で、その行商範囲は大阪にまで広がっている。

広告を非表示にする

寂光院と勝林院

 平家没落の哀史を語る『平家物語』の巻末をかぎる「灌頂の巻」の女主人公は、平家一門の悲しみを一身に集めた観のある建礼門院である。

 文治2年(1186)4月20日すぎ、後白河法皇鞍馬寺に参詣するように見せて、そっと都を出た。行先は大原、建礼門院に会うためである。静原から江文峠を越えて大原の里に出ると、「西の山のふもとに一宇の御堂あり。すなはち寂光院これなり。ふるう作りなせる前水、木立よしある所のさまなり。『甍やぶれては霧不断の香をたき、枢おちては月常住の燈をかかぐ』とはかやうの所をや申すべき」─『平家物語』の有名な一節である。

 建礼門院が涙ながらに法皇に述べたことば。「私は仏の説きなさった六道とやらを生きながらにてすべて体験した。清盛の娘として生まれ、安徳天皇の母となり、一天四海は自分の思いのままであった。明けても暮れても楽しみ栄えた頃は、『天上』界の幸もこれほどではあるまいと思われた。ところが『人間』は、愛する者に別れ、憎しみ合う者が会わればならないとか、それも残るところなく体験させられた。源氏に追われ西海の船上で暮したときは、食べ物に不自由し、たまたま食べ物はあっても水がなくて食べられない。大海の上にいながら飲めない苦しみは、『餓鬼』の苦しみだった。しかも、絶え間のない戦いの声、大刀の音、矢の響き、それは『阿修羅』の世界だ。戦い敗れて、親は子に、夫は妻に別れる。ことに、小さい手を合わせて念仏しつつ、海に沈んで行った我が子、安徳天皇の姿は、今もなお忘れられない。人々の泣き叫ぶ声、それは『地獄』のすさまじさだった。また、死にきれず波に漂っているのを、心ならずも源氏の荒武者に捕えられてしまった。それからの毎日は『畜生』の生活としか言いようがない」

 この六道というのは、この世界を十に分けたとき、声聞・縁覚・菩薩・仏の四つの悟りの世界に対して、迷いの世界を意味するものである。生きながらにして六道をかけめぐった建礼門院は、まことに数奇な運命にもてあそばれた女性であらたといえよう。 しかし、この大原にやっと安住の地を見いだし、ひたすら我が子安徳天皇の菩提をとむらい、仏の救いを念じ続けた女院は、建久2年(1191)2月中旬「西の空に紫雲たなびき、異香室にみち、音楽空に聞こえる中で弥陀如来に迎えられ、この世を去り、永遠のやすらぎの世界に往生した」と『平家物語』は伝える。

 この源平の争いに、世の無常を感じたのは、勝者の源氏方にとっても同様であった。一ノ谷の戦いに我が子と同じ年頃の若武者平敦盛を心ならずも討ち果たした熊谷直実は、その菩提をとむらうために出家して法然の弟子となった。当時、法然の説く浄土念仏の教えに不信を'抱いた旧仏教の学僧たちが、法然に討論を申し入れる。世に「大原問答」と呼ばれるこの討論会は、文治2年(1186)、大原勝林院で開かれた。熊谷蓮生坊直実は、師に万一のことがあってはと、法衣の袖になたを隠し持って師に随行した。関東武者の心を捨てきれない蓮生坊を見た法然は、その非をさとしてなたを捨てさせる。今も勝林院の前に「なた捨て藪」と伝える跡が残っている。この時、法然の教えに感動した天台座主顕真は、勝林院で念仏の生活に入った。
寂光院

広告を非表示にする

やすらい祭と葵祭

 比叡山にいた小僧が、桜の花が風に吹かれて散るのを見て、さめざめと泣いていた。それを見た僧が傍へ寄って、「なぜ泣くのか。花の散るのを見て泣きなさるのか。桜ははかないもので、このようにすぐ散ってしまうのだから、そんなに泣きなさるな」となぐさめた。僧は小僧が無常を感じて泣くのだと思ったのだ。小僧は「花が散るのは別に悲しくない。ただ、こんなに風がはげしく吹くと、父の作っている麦の花が散って実りが少ないだろうと思うと悲しいのだ」と、また声をあげて泣いた。『宇治拾遺物語』の筆者はこの話のあとに「何とも不風流な話である」と感想を述べている。当時の知識人の間では、落花は無常を感じさせるものだというのが常識であった。しかし、農民の間では、花を散らす風の吹き方が、そのまま秋の実りに結びつくものとして、より切実に感じられるのであった。鎮花祭は、花が早く散らないようにと祈るもので、奈良朝以前から、すでに行なわれていた。「高雄寺あはれなりけるつとめかな やすらひ花とつづみうつなり」と西行の歌にもあるように、京都でも各地で行なわれていたようだ。「やすらい花や(花よ散るな)」と歌うところから「やすらい祭」と呼ばれる鎮花祭の行事は、今も4月第2日曜に、紫野・今宮神社で行なわれている。

 付近の4つの里から、真紅の衣裳をまとい、赤や黒の毛をかぶった鬼の行列が、のどかな鐘や太鼓の音とともに「やすらい花や」と哀調を帯びた歌を歌って今宮神社に集まり、咲きほこる桜の下で乱舞するさまには、土の香りがにじみ出ている。鎮花祭は、花が散るのと同時に、悪い病気も広まると信じられているところから、豊作を祈るとともに悪疫退散の願いもこめて受けつがれてきたのである。

 古代においては、花や青葉は若々しい生命力の現われとして、それを身につけることによって、自分の身に生命力を移そうとした。また、それらを見るだけでも効果があるとして「花見」も行なわれた。今日、私たちが「お花見」に行かないと何か忘れものをしたように落着かないのも、案外こうした民族的風習に根ざしているのかもしれない。

 青葉の頃、5月15日には「葵祭」が行なわれる。「あおい」の若葉を頭につけるところから「葵祭」と呼ばれるこの祭は、貞観年間(859~870)に、すでに現在の形になっていたようで、祭といえばこの葵祭をさすほど親しまれていた。一般庶民が参加する祭礼ではなく、国家の行事として、天皇の使いが下・上賀茂社に参詣する行事で、もともと、「見る」祭であった。

 『源氏物語』にも、この行列を見るために車の置き場所をめぐって争いのあったさまが描かれていて、現代と大差のない混雑ぶりであったようだ。「華麗な王朝絵巻をくりひろげる」と新聞などは表現するのが常であるが、まさしく平安朝の風俗を忠実に再現して、見る人の目を見はらせる。ただ市街地で見ると、どうしても周囲の建物との調和がとれず、意外に貧弱で遠来の観光客を落胆させるようだが、賀茂川堤のケヤキ並木の青葉の下を行く時、行列は生彩を放ち始める。牛車のきしむ音、花傘の下を歩む女人の姿にも、王朝の息吹きがひしひしと感じられるのである。

広告を非表示にする

賀茂神社と糺ノ森

 賀茂川鴨川とはどう違うのかとよく質問される。現在は高野川との合流点(賀茂大橋)から上流を賀茂、下流を鴨と書き分けている。「カモ」川は古代にこの付近一帯に住んでいた加茂氏にちなんだ名前で、字の違いは、むしろ、上賀茂神社下鴨神社の勢力争いに原因があるようだ。

 両社の起原について、『山城国風土記』は次のように伝えている。
賀茂建角身命神武天皇東征の折、八咫烏に身を変えて、先導の役を果された後、大和の葛城山に宿りなさった。その後しばらくして、山城の加茂に移り、さらに木津川に沿って下って来られた。桂川鴨川の合流点に立って『狭くあれども石川の清川なり』と鴨川の美しさがお気に召され、その上流の山麓(今の西賀茂大官の森)に鎮まりなさった。建角身命と伊可古夜姫の間にお生れになった玉依姫が、ある日賀茂川で水遊びをしておられると、丹塗りの矢が流れて来た。持ち帰って床の辺に置かれたところ、矢は立派な青年となり、ふたりは契りを交された。青年は間もなくどこへともなく姿をかくしたが、ふたりの間に男の子が生まれた。その子の成人の祝の時、祖父建角身命が、お前の父にこの杯をやれとおっしゃると、子は天に昇って行った。この御子が賀茂別雷命で、上賀茂神社祭神である。父君は火雷命(乙訓神社の祭神)であった。また建角身命・伊可古夜姫命・玉依姫命は蓼倉の里三井の社の祭神である(三井の社は下鴨神社の中にある)」

 このように、下・上両社は密接なつながりがあると記されてはいるが、神社の形態を見ると、かなり性格が異なっているようだ。

 上賀茂神社(正式には賀茂別雷神社)は、賀茂川京都盆地に流入する所(山口)に位置し、神山を御神体としている。神山は、奈良の三輪神社の御神体三輪山とよく似た円錐形の山である。また、神山の北にある貴船山も円錐形をしていて、その麓に貴船神社がある。貴船神社上賀茂神社の奥の社として、下鴨神社に対するよりもつながりが深い。水源神(水分)と山口の神との関係で、大和葛城山麓の鴨山口神社・葛城水分神社・高鴨神社などの関係に類似しており、風土記の伝える事実を裏書きしている。

 下鴨神社(正式には賀茂御祖神社)は、風土記の三井神社がその起原であろう。三井は御井である。現在御手洗社と呼ばれている境内東北隅の社の下から、戦前までは清冽な湧水が出ていた。出雲井於上社と呼ばれる社もある。御井の社は、こうした泉を水神として祭ったのが起原であろう。下鴨の西に賀茂川をへだてて出雲路という地域があり、正倉院文書によれば、神亀3年(726)には、この付近に出雲臣真足以下、50戸約420人が住んでいたことが知られる。これらの出雲氏氏神下鴨神社の起原かもしれない。加茂氏も出雲系の氏族で、その親近関係が両社を密接に結びつけたのかもしれない。これらはすべて想像で、はっきりしたことは謎につつまれている。

 平安遷都に際して、それまで京都を占拠していた加茂氏とその氏神、両賀茂社の承諾、加護がなければ新事業の完成は不可能であるという、地主神信仰もあって、賀茂社伊勢神宮に準ずる地位を与えられる。伊勢の斎院と同じく皇女が奉仕する斎王の制度も、中世まで続けられた。
上賀茂神社

広告を非表示にする

深泥ガ池と宝ガ池

 マネやモネといった印象派の画家たちがアトリエを捨てて、自然の中での色彩と光の刻々の変化を発見し、そして自然の真の表情をとらえたように、いわゆる古社寺と苔むした石の庭で代表される京都から一歩をふみだしてみると、平安京以前の自然を発見することができる。

 京都市街の北郊の小丘の間には、深泥ガ池、宝ガ池といった静かなところがある。これらの池や池をとりまく四季のめぐみはすばらしく、また、一日の微妙な連続的変化の中に、たゆとう光と色の風物誌を見ることができる。ある時には、暗色の雨雲がつくる黒ずんだ水面に、コウホネの黄色があやしく点在して幻想の世界を見せてくれる。そして、数分後にははげしく雨滴が水面を打ちはじめて、すさまじい変ぼうを続けていくのだった。春早く、宝ガ池や深泥ガ池には珍しいトンボが池面に飛び、近くのくさむらには、黄と黒のだんだらのギフチョウが静かに翅をやすめている。

 宝ガ池をとりまく桜は、真近にせまる比叡山を背景に明るく咲きこぼれる。超近代的な国立京都国際会館の異様な姿も、池と山と緑、そして桜やツツジの自然の中にあっては、その異様さを十分に発揮できないようだ。たぶんこの建物を考えた人は、自然との調和を考えたことだろう。かつて「眠りこけた愚者の楽園」であった京都が、明治維新によって大きく近代化への一歩を進めたが、明治百年の今日、文化観光都市のシンボルとして、この建物が出現した。これによって、再び京都は近代化への自覚をよびさまされることになるだろう。紫色の比叡山の前に、カラフルな万国旗が自色のポールの上に風にはためいているのを見ると、古い京都を忘れてしまいそうである。

 京都盆地は北へ行くにしたがってせり上っていく。そして、その北端にいくつかの小丘が並ぶ。これらの小丘はチャートからできているため、浸食されないままに残ったもので、いわゆる残丘とよばれるものである。京都北郊は最近あわただしく開発され、かつて近郊野菜を生産していた田園地帯の面影は次第にうすれていく。深泥ガ池や宝ガ池あたりには、まだ緑が残されているが、さらに北の岩倉を中心とした小さな盆地は、住宅地としての開発が進んでいる。深泥ガ池、宝ガ池あたりの小丘の緑も、もはや今日では孤立の砦となったようである。

 これらの小丘の間には、太古の時代に、一大沼沢地帯であったことを教えてくれる自然がいくつか残されている。上賀茂神社の東の大田神社には、天然記念物「大田ノ沢カキツバタ群落」があり、東の深泥ガ池には、ミツガシワ、ジュンサイ、ヤチスギラン、カキツバタ等の北方の系統の植物が生存していて、かつて京都の気候が寒冷であったことを示している。深泥ガ池の水生植物群落も天然記念物となっているが、排気ガスや汚水の流入で、かなりいためつけられているのは悲しいことである。この池のジュンサイを汁に入れて食卓にだすことなどは、遠い日の物語のひとつだろう。

 小丘や池の間を散策している時、思わぬところで小さな湿原を見つけ、赤いモウセンゴケとその上を飛ぶ日本最小のハッチョウトンボのかわいい姿を追うことも、まだ可能なのはすばらしいことである。
国立京都国際会館

広告を非表示にする